papatesco

*

女性アイドルの歴史まとめ


現代に必要不可欠となったアイドルという存在。
昭和時代から始まり、平成に変わり現在では何千何万というアイドルが存在する時代になった。
アイドルとしての趣向やイメージもその世代で様々で、流行があり、見ていて楽しいものがある。
昭和から平成にかけて大きく変わった、アイドルの歴史を調べてみたいと思う。

sponsored link

 

元祖アイドル世代(1970年代)

南沙織

アイドルの走りと言われるこの世代。
南沙織や天地真理、キャンディーズなどが有名ではないだろうか。
カワイイだけではなく、正統派の美人で、歌唱力も本格的な歌手と引けをとらないような、まさしく「オールマイティのタレント」という存在だった。
また70年代後半になってくると、「スター誕生!」のようなオーディション番組がたくさん始まり、山口百恵やピンクレディ、石野真子などが活躍するようになった。
70年代のアイドルは歌唱力が高く、併せて中森明菜のような独特のオーラを持っていたり、ピンクレディのようにパフォーマンス性が高かったりと現在のアイドルと違い本物の芸能を魅せていた。

山口百恵

アイドル黄金期(1980年代)

 

小泉今日子
中山美穂

アイドルと言う言葉が定着し、今でも活躍する有名なアイドルが多数デビューした黄金世代。
松田聖子を始めとし、小泉今日子や南野陽子、中山美穂や国生さゆり、堀ちえみや松本伊代などキラキラしたアイドルがたくさん誕生した。
みんなかわいらしい笑顔で女の子らしい振り付けをし、キラキラふわふわしたアイドルは、まさしく雲の上の存在で手の届かない憧れを印象づけるものだった。
この頃になるとファンの形態も変化してきて、公認のファングループである”親衛隊”が出来始めたのも80年代アイドルの特徴だ。
現在のヲタクの先駆け的存在である。
特に一世を風靡したおニャン子クラブは社会現象になり、身近にいるようなかわいい高校生や大学生が人気アイドルになるという、素人アイドル、低年齢アイドルのキッカケとなった。
今では主流のファンとのコミュニケーション、コール&レスポンスが始まったのも、この世代からである。

おニャン子クラブ

 

 

sponsored link

アイドル多様化時代(1990年代)

篠原ともえ

1990年代に入ると、アイドルとしての種類が多様化してくる。
本来の意味のアイドル以外からも、アイドルが現れてきたのもこの世代の特徴。
森口博子や井森美幸、篠原ともえなどのバラエティ番組から人気となった「バラドル」や、かとうれいこ、細川ふみえなどのグラビアから人気となった「グラドル」などアイドルとしての種類が多様化していく。

浜崎あゆみ

オーディションを受けなくても、ふとしたきっかけからアイドルになることができる、素人アイドル世代の本格的な幕開けである。
音楽もテクノサウンドなど機械的な音楽が流行し、浜崎あゆみや安室奈美恵、宇多田ヒカルなど抜群の歌唱力とカリスマ性を持った”歌姫”と呼ばれるアイドルが出始めた世代でもある。

 

身近なアイドル時代(2000年前半)

モーニング娘
松浦亜弥

 

この世代になると、カリスマ性を持つアイドルと並行して、一般公募から選ばれた素人の集団アイドルがメインとなっていく。
ASAYANからデビューしたつんくプロデュースのモーニング娘。や松浦亜弥、小室哲哉プロデュースの華原朋美やTRFが頭角を表し始める。
モーニング娘。はメンバーのオーディションからデビューするまでをずっと追いかけ、素人の女の子が頑張る姿に感情を移入させる人が多く、雲の上の存在だったアイドルという偶像は、身近にいそうな女の子という偶像に変化していく。
ファンの応援形態も、サイリウムや歌に合わせた独特のダンス(ヲタ芸)を集団で行う形に変化。
現在のヲタクである。その独特の不思議な魅力と異様な存在は、当時社会現象にもなる。
ネット社会が急激に飛躍したこの世代は、2chを始めとするネットでのコミュニケーションが主流となり、ネットに詳しいファンが一気に増え、電気街として有名だった秋葉原がアイドルの聖地となり、アイドルを目指す女の子やヲタクが集まるようになった。
現在トップアイドルとなっているAKB48がデビューしたのもこの頃である。
AKB48の”いつでも会えるアイドル”をコンセプトにした、秋葉原の専用劇場での日替わり公演、CD購入特典の握手会など、新しい戦略があヒットし、徐々に人気となっっていった。

 

アイドル戦国時代(2000年後半)

AKB48

 

ももいろクローバZ

2000年代も後半になると、ほぼ現在のアイドルと同じコンセプトの素人集団アイドルが主流となっていく。
AKB48の人気が定着し、SKE48やMNB48、HKT48など、各ご当地を拠点としたグループを次々発足させ、今では大規模な集団グループとなっている。
AKB48はあのおニャン子クラブを発足させた秋元康がプロデュースしているので、グループ内ユニットなど、戦略も似ている部分も多い。
並行して、もももいろクローバーZやPerfumeなどオリジナルの魅力が人気のアイドルも多数活躍。
またテレビや雑誌にはほとんど出演せず、ライブやイベントのみを行うという新しい地下アイドルも存在している。
地下アイドルは個人で活動している人も多いため、素人感が高くマニアに人気となっている。
現在は、自称も含め、アイドルと言う存在がたくさん存在するアイドル戦国時代となっている。

 

まとめ

昭和の頃から出現してきたアイドルという存在。
始めの頃は、手の届かない存在がアイドルだったのに対し、手の届く存在のアイドルとして、現在では大きく姿を変えている。
昔と違い、ツイッターやLINE、フェイスブック、インスタグラムなどSNSの多様化で、よりアイドルが身近に感じるようになった。
この身近さで感情を移入しすぎるファンも増え、事件が起きたりなどの闇も抱えている。
個人的には、現在ではアイドルという意味が曖昧になっているような気もする。
昔のような、手の届かない憧れの存在がアイドルの定義だと思うのだが、ネットが発達した今、プライベートまで完全にバレないということは難しくなっているので、雲の上の存在というのはもう叶わないのかもしれないと少し悲しく思う。

アイドルというものがどのように変わっていくのかこれからも注目していきたい。

 

関連記事

 

AKB48 消えた197人のメンバー。卒業後の壮絶な運命のまとめ

『乃木坂46』人気メンバーの日頃の出来事まとめ。

 

 

~papatescoホームはこちら~

               

sponsored link

  関連記事

SMAP解散の真実は中居正広の薬物疑惑にあった。逮捕も時間の問題か
広瀬すず巷で話題の裏アカ流出… 炎上しっぱなしの彼女の画像とまとめ。。。
中島健人 大学を留年を明かした真相とは、彼女に求める意外な思い
石黒賢は父?石黒英雄は極度の潔癖と逮捕される程の人格
意外と知らない芸能人タトゥー事情。リストにして一挙公開
『清原和博』ヤク中が決定的になった大物歌手8人とは誰なのか
週刊文春が明るい安村の浮気現場を抑えた。脱愛妻家に嫁の反応はいかに??
『最新画像』佐々木希登場。すっぴん姿で炊き出し参加。熊本が湧くぜ
熊本震災で中居正広がお忍びで炊き出しに来たのにタバコポイ捨て疑惑
篠原涼子と市村正親が子供のお受験に大奮闘!!学校はあの名門だった!