papatesco

*

乃木坂46の若月佑美が二科展連続入選。作品のテーマに込めた意外な思想

photo-wakatsuki01
 
 
今、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気が急上昇している乃木坂46。
歌衣装は「フランス領にある女学校の生徒」をコンセプトに紫をキーカラーに淡い色調で彩られたクラシカルなフォルム、白い三つ折りソックスで清楚な女子高生のイメージが強い乃木坂46ですが、実は結構面白くて、特技がある人が多いんです。
メンバーの若月佑美さんは、絵が得意で、その実力はあの二科展に連続入選するほど!
二科展出品作へ込めた思いなど調べてみました!
 
 

sponsored link

 

入選は今年で5年連続!

 
 
二科展への入選は、プロでも難しいと言われているのですが、若月佑美さんは、連続して5年入選しているんです!
可愛らしいイメージのイラストの中にも自分の伝えたいイメージやメッセージがしっかりと伝わる様に工夫されていて、しかも、カラフルな色使いはとってもかわいい!
様々なイベントのデザインと言われても謙遜無いくらいの実力です!
 
 

2016年のテーマは『笑み』

 
 
今年の二科展への作品のテーマは「笑み」。
自由部門へ出品した若月佑美さんは、テーマに対し、「嬉しいことがあると人は笑う。悪事を企んでいる人も笑う。世の中には愛想笑いという言葉さえある。笑うって一体なんだろう?本当の笑顔ってなんだろう?」と”笑う”ということに対し自分の思いを描いたとても奥深い作品となっています。
二科展デザイン部理事長からも、具像的かつ抽象的で表現力が素晴らしいと称賛の声をもらうほどでした。
 
 

sponsored link

若月佑美の今後の二科展への思いは?

 
 
若月佑美さんは、5年連続入選という快挙を成し遂げているものの、いつかは入選ではなく、”入賞”したいという思いを抱いているようです。
今年のデザイン部に応募された作品は2000点。
そのうち入選品は100点と言われていますので、その中に入っているだけでもかなりの実力者だということが分かりますね。
芸能界では工藤静香さんが二科展への出展・入賞が有名ですが、ゆくゆくは若月佑美さんも同じような状況になるかもしれませんね。
 
 

これからのアーティストとしての才能が楽しみ♪

 
 
乃木坂46の中でも特に芸術派の才能を表している若月佑美さん。
今後は、アイドルとしてはもちろん、芸術家としての活躍も楽しみですよね。
かわいさと、メッセージ性を兼ね備えた絵画は、今後様々なシーンで活躍するかもしれませんね。
アイドルとしてはもちろん、多方面で活躍していく姿はきっとファンの方にも受け入れられられるはず。
アイドルととしてではなく芸術家としての活躍はファンにも自分にも自信となっていい方向に進んでいくような気がします。
これからの若月佑美さんの動きには大いに注目です!

関連記事

『乃木坂46』人気メンバーの日頃の出来事まとめ。

 

~papatescoホームはこちら~

               

sponsored link

  関連記事

沢尻エリカ 薬疑惑、離婚の真相。そこには大手avexの本気の陰謀が…
香取慎吾の闇が木村拓哉との不仲で取り返しのつかない事に。引退は間近?
AKB河西智美の現在。舞台初出演で仕事への意欲を見せる
草なぎ剛 SMAP解散後に結婚。お相手は誰なのか?
女性アイドルの歴史まとめ
乃木坂46生駒里奈がセンター落ち、不人気と言われるのは何故なのか
SMAP解散後の中居正広の動きが明らかに。
生きてる証が欲しかった。神木隆之介が難病を患うも子役や声優を選んだ訳
こんな嫁がほしい。芸人、安村の嫁が送った手紙に涙。ブレイク果たして年収↑↑
yuiの結婚相手の詳細がついにあきらかに!決死の出産の末生まれた子供は双子だった!